thumbnail.jpg

ま、そうやんなってな反応

「私、働き出してから、こんなに子どもたちと一緒にいるの初めてかも」

お盆休み、ディテ(嫁さん)の一言に、なんだか複雑な思いをいだきながら、台所に立っていた。

ディテ「…ってか、どいてくださいよぉ〜」

アフロ「はい!」

少し避けて台所への道を開けた。

ディテ「いや、そこを使うんですよー」

アフロ「あ、ごめんごめん」

台所に立ってWi-Fiでしか使えなくなったiPhoneでゲームをしていたのだ。

お伝えしていなかったが、最近スマホを卒業した。ガラケー、最近ではフューチャーフォンとかいうらしいが、それにしたのだ。

月1500円、安い。

しかし、安さよりも感動したのは、それを選ぶ瞬間である。

店員さん「見本持ってきますね!」

アフロ「うわぁー」

昔、パカパカって呼んでたっけ?みたいな携帯の見本が並ぶ。

アフロ「これにします。」

初めて携帯を選んだときの記憶が蘇ったりしてね。ああ、これで俺も彼女ができたらメールできる…みたいな。

ディテ「だからどいてって!!」

ススッとどいて、時間制限のあるゲームを続ける。

やっているゲームは、ツムツム。

ディズニーの方が有名だがマーベルの方である。

アベンジャーズとかスパイダーマンとかが好きでね。

チームを組んで闘うのだが、図らずも組んだチーム、真ん中にいるブラックキャットが左のスパイダーマンの恋人やっていうことを最近知った。

スパイダーマンとブラックキャット!マーベルのベストカップル12 | Ciatr[シアター]

もう、もう1人の金色、マダムマスクの気まずさを考えるといたたまれなくなって…な〜んて考えていると、いろは(娘:5歳)が突然コソコソ声で話かけてきた。

いろは「ねえ、おとうさん。」

アフロ「ん?」

いろは「ちょっと、おかあさんにチューしてみな」

アフロ「えええええええ!?」

いろは「きっと、わらうよ」

言われるままにやってみた。

ディテ「………にこ」

ものすっごい冷ややかな笑いだったにもかかわらず、いろはは、

いろは「ね?♪」

アフロ「…うん…」

そっと、家事を始めるアフロであったとさ。

ほなまた!

thumbnail.jpg

嫁が選ぶ、夫の偉業BEST3

今回はディテ(嫁さん)が選ぶアフロの偉業BEST3を紹介しよう。

誰が聞きたいんだ?って。世の中そんなことばかりじゃないか。一つぐらい増えたって、かまわんだろう。

読んだ後に言ってやればいい。

「また、つまらん物を読んでしまった」

斬鉄剣も斬らねば錆びる。あなたが錆びぬお手伝い、by アフロキャッツ。

ではGO!!

■ 嫁が選ぶ夫の偉業NO.3

知る人ぞ知る見慣れたアイコン。すでに核はアフロの偉業ではない。人様のアプリケーション、

「evernote」

これが第3位にノミネートされたのは、一重にしてディテ一族のマメな更新によるところが大きい。

アフロがしたことといえば、ディテ4姉妹全員のスマートフォンにevernoteをインストールすることをオススメし、それぞれのノートブックを共有させ、親族がそれぞれ日々どんなことをしているのか覗けるようにそれぞれ計らったという、ただそれだけである。ぞれぞれぞれそれ。

evernoteを日記のように使い出した彼女たちは、自分たちの子ども、姪っ子甥っ子たちの成長を喜び、タブレットを両親にプレゼントするなどして、親族全員でお互い生活の記録を共有している。

「超閉じたfacebook」化したevernote…

ディテ「昔のを読み返すのも楽しいし、うん、これが3位ね」

ザビエルさん的な偉業。

■ 嫁が選ぶ夫の偉業NO.2

室内物干し竿である。これまた核の偉業は他に譲っている感がいなめないが、

ディテ「干すのラクになったもの。第2位よね」

とのこと。evernoteのインフラ?整備の方が多人数にまたがっているのに、こっちが上である。ま、いいけど。そして、

■ 嫁が選ぶ夫の偉業NO.1

ま、そうだろうな、というセレクト。

写真は我が子2人が、

「おならプー!」

といいながらウンチポーズをしているシーンである。

ディテ「ま、1位はこんなかわいい子を2人も生んでくれたことね。あ、生んだの私だったわ!あはははは」

…結局嫁が選ぶアフロの偉業NO.1は、ディテの偉業だった!!

ということが分かりました。

私、何もしてない…ただ、世の中そんなことばかりじゃないか!

ほなまた!

ちなみにツイッターやってます。(@ideahoihoi)

slooProImg_20160125201926.jpg

ディテ画伯、渾身の作品

「てんどんまん…かいて?」

と、なかなかなお題を繰り出してきたのは太一(息子:2歳)である。

「えぇ?てんどんまん?てんどんまんってあんまり印象ないんだけど」

対するはディテ(嫁さん)だ。

ちなみに、てんどんまんとは、アンパンマンに出てくる、やなせたかしさんのキャラクターである。

てんどんまん

「え、これでいいんだっけ?…あ、こんな感じかな?」

と言いながら出来あがったディテ作「てんどんまん」が、これだ。

ディテ作てんどんまん

太一「…」
いろは(娘:4歳)「……はながっぱ?」
ディテ「てんどんまん」

著作権的にも完全にオリジナルの「てんどんまん」だと思う。

ほなまた!

slooProImg_20151017183745.jpg

年相応

朝出るのが早く、夜帰ってくるのも遅い。
そういう旦那さんは多いと思うが、そういう旦那さんは嫁さんのパジャマ姿、ネグリジェ姿、寝間着姿、もしくは生まれたままの…しか見ていないのではないか。

「そういわれて見れば、最近嫁さんの普段着…見てないなぁ」

休みの日などに久しぶりに見たりすると新鮮である。そういう旦那さん、アフロ。
我が家でも久しぶりにディテ(嫁さん)のよそ行きというか、普段着というか、外行きの服を拝んだ。

いろは作
【参考】ディテの普段着(一番右)『いろは画伯作:はっぱひろい』

ポイントアップチャ~ンスっ!

アフロ「お、今日はお母さん、お姉さんみたいだぞ♪」
いろは(娘・4歳)「そうだねぇ♪」
ディテ「あ、若すぎる?」

アフロ「いや、若さは微塵も感じないけど

ディテ「あはははは…」

しまった…、若すぎないということを伝えたかったのに。
これこそ、

若気のいたり

ディテ「はははははは…」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

…ほな…また…

slooProImg_20150612233206.jpg

本のやつ

るろうに剣心伝説の最期編

花の金曜日だし、

「映画でも観ようか」

ということで、ディテ(嫁さん)と盛り上がるも、借りた『るろうに剣心』はすでに見終わっていて、プレステ3で何かダウロードしようにもネットがつながっていない。

しょうがないから志々雄真実が、剣心、斎藤一、左之助、蒼紫といったヒーローたちをボッコボコにするシーンをもう一回観ようか、とテレビに流していた。

アフロ「藤原竜也、つえぇなぁ」
ディテ「そういえば、あれ、やってるわよ」
アフロ「…あれ?…」
ディテ「ほら、あの本のやつよ」

もう!わからないの!?みたいな勢いで言うから必死で、あの本のやつとやらを考えていた。

…世界にひとつのプレイブック?…図書館戦争?…世界一美しい本を作る男?…ネバーエンディングストーリー?…

ディテ「あぁ!思い出した!」
アフロ「何?」

ディテ「ハリーポッター!」

…本のやつってヒントじゃ、無理やろ、それ。

ほなまた!

slooProImg_20150518212222.jpg

それって何?何なの?

「ねぇねぇおかあさん」
「なあに?」

寝間で、いろは(娘:3歳)がディテ(嫁さん)に話しかけている。

急に以前のことを思い出した。

ディテが風邪だかなんだかで、声が出なくなっていた。

ディテ「(子守唄も歌えないよ)」
いろは「え?うどんがなんだって?たべたい?」

相手がハスキーボイスになっているとはいえ、どんな耳してんねん。

で、今晩の会話に戻ろう。

いろは「ねぇねぇおかあさん」
ディテ「なあに?」
いろは「はなみずのハナクソ

どんな会話してんねん。

アフロ「液体ってことかいな?」
ディテ「それじゃあ、ただの鼻水になっちゃうじゃない。鼻水ハナクソよ!

寝間での会話

寝間での会話、色々。

ほなまた!

slooProImg_20150515163013.jpg

激闘誕生日プレゼント

「アフロ妹の誕生日、もうすぐだよね」

と、言いだしたのはディテ(嫁さん)である。

ディテ「誕生日プレゼント用意したいんだけど」
アフロ「いいねー。目星はあるの?」
ディテ「マリメッコ!」

ディテの思考マリメッコ
(ディテの思考マリメッコ)

アフロ「…え?」

アフロの思考マリモッコリ
(アフロの思考マリモッコリ)

ディテ「ほら!いろは(娘:3歳)のスタイでもあるじゃん!」

ディテの思考マリメッコ
(ディテの思考でのスタイ)

アフロ「(そんなん知らんなんて言ったら怒られるか…)あぁ、あれね」

アフロの思考マリモッコリ
(アフロの思考でのスタイ)

ディテ「あの柄、かわいいでしょ?♪」
アフロ「あ、うーん、見方によっちゃぁかわいいよね」
ディテ「どこから見てもかわいいわよ!」
アフロ「そ、そうだね。」
ディテ「傘にしようと思うの!」

ディテの思考マリメッコ

アフロ「傘バージョン?」

アフロの思考マリモッコリ

ディテ「バージョン??かわいいからいいでしょ?アフロ妹ちゃんに、とっても似合うと思うの♪」

アフロ「いやぁ、あれ似合うと言われて喜ぶかどうか…まぁいくらぐらいなん?」

ディテ「◯千円ぐらい?」

アフロ「そ、そんなすんの?あの傘」

↓あの傘
アフロの思考マリモッコリ

アフロ「400円か500円ってもんやと思ってたけどなぁ」

ディテ「ビニール傘ばっかり使ってるからそんな金銭感覚なのよ。」

アフロ「ビニール傘は傘として使えるし」
ディテ「当たり前じゃないの!傘が傘として使えなかったら、傘じゃないわよ!」

アフロ「つ、使えるバージョンもあるの?」

アフロの思考マリモッコリ

ディテ「使えないバージョンなんてないわよ!」

ディテの思考マリメッコ

アフロ「それやったら俺かて欲しい!」

ディテ「いや、あなたが使うよりも、私の方がいいと思う」

アフロ「まじで?」

アフロの思考マリモッコリ

ディテ「まじで」

ディテの思考マリメッコ

アフロ「そんなに言うんやったら買えよ!ディテの分も2つ」

ディテ「いやいや、アフロ妹ちゃんの分だけでいいよ♪私にはもったいない」

アフロ「いやいやいや、もったいないってことはないやろ」

アフロの思考マリモッコリ

ディテ「また私の誕生日のときにお願いね♪」

アフロ「まかせて!」

ほなまた!

slooProImg_20150509053539.jpg

父の失敗。子の学び。

「あぁぁぁぁあ!」

と叫んだのはディテ(嫁さん)である。

「ど、どうしたん?」

家族全員の注目を集め、その理由を発表。

「イースト菌…入れ忘れた」

イースト菌入れ忘れ

なるほど、パン焼き機の中から、パンあらざるものがおいでである。
発酵したかったろうに…悲痛な元パンの素の叫びが聞こえる。

パンの素「あれ?今日は膨らめないぞ?もしかして、またイースト菌さんがいない?またかよ!また入れ忘れたのかよ!ちょっと!これじゃ焼かれ損だ!せめてなんかの形になりてーよ!カチコチなり損だぁ!」

できたてホカホカのレーズンパンのはずが、これでは
ほりたてホヤホヤのBIGじゃがいもじゃないか。

パン自身もショックだろうが、
明日の朝食のために分量を一つ一つ計り、明日の家族の笑顔のためにサービスでレーズンを入れ、できあがったものが置物にもならないカチコチの代物じゃ、ディテのショックたるや想像に難くない。かたいけど、かたくない。

そんな中、デリカシーのない男がこいつだ。

太一(息子:1歳)「あーちゃん!おをしろーい!」
(訳:お母ちゃん 面白い。)
(超訳:お母ちゃん アホすぎ。)

そして爆笑つき

失敗を喜ぶ息子

父として、ここは叱る。

アフロ「太一、人の失敗を…」
ディテ「ああ…太一に癒されるわぁ。ありがとう」

?!(失敗は笑いにした方が…ってのが正解?)

アフロ「なぁ?お母ちゃんアホやなぁ?」
ディテ「………」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ある人にとっては正解でも、ある人にとっては不正解ということが、世の中にはあるのだぞ

ということを、背中で息子に語ってやりました。

太一「とーちゃん!おをしろーい!」
(超訳:父さん その学び、しかと受け止めたよ)

ほなまた!

slooProImg_20150427205811.jpg

夫婦仲バロメーター

無意識に出ちゃうんやろね、歯ブラシ入れるときに。

これが普通のときね。
一番右がアフロで、右から2番がディテ(嫁さん)。3番はディテの予備。

夫婦仲いい時

んで、ちょっとすれ違ってるとき。
ディテが反対むくのね。

すれ違ってるとき

そんで、いよいよ…ってなると、もうセパレート。
仕切りみたいになってるから。

いよいよ

そこからさらにすれ違って。

末期?

これディテは「無意識にやってる」って言うから、バロメーターに信憑性が増すでしょ?

実は今日、さらに下回った歯ブラシ状態に遭遇して、朝忙しかったから写真に撮れなかったんやけど、子どもの歯ブラシ立ててるコップに、ついにディテの歯ブラシがたたってて、なんかもう家にいるのアフロだけで、あとみんなどっか行ってるみたいな?わかった?伝わる?この寂しく独り残されてるアフロの分身歯ブラシのわびしさ。

以上、アフロ家、夫婦仲歯ブラシバロメーターでした。
やってみて!!

ほなまた!