thumbnail.jpg

イッツ・ニュー・ワード?

■ 別々の場所でデート

この間、ラーメン屋さんの阿部さん一家(仮名)と遊園地に行ってきた。

「いきたい!いきたい!いきたい!はやくいきたい!いま、いきたい!」

そんな熱い思いあってか、残念なことに太一(息子・3歳)は38度超えの熱を出したためお留守番とあいなった。ディテ(嫁さん)もお留守番である。

いろは(娘・5歳)「いってきます♪」

太一はグズるかと思ったが、

太一「いってらっさぅぁ〜い」

あら、案外あっさり。保育園にでもいくのかと思っているのではないか?

そんなことはおかまいなしに、いろはと遊園地デート。太一はお留守番デート。

■ 遊園地にてイッツ・ニュー・ワード?

「あ、ついた?♪券売機のところにいるからね」

と電話の向こうにディテの妹、メグ(仮名)の声。その場所に向かうと、メグとゆいな(仮名:赤ちゃん)はんな(姪:3才仮名)、そしてキャップをかぶっていてもスキンヘッドだろうなと初見でもわかる感じの強面おされ阿部氏(仮名)がいた。

「アフロ(仮名)ちゃ〜ん!」

と、はんなが走ってくる。かわいい。

いろは「おとうさん、のろうのろう!」

アフロ「はいよぉ〜」

ぴょんぴょん飛び跳ねる娘をみて、本当にきてよかったと思う。ディテもこの光景を見たかったろうに。太一のこれも見たかった。

そんなことを考えていると、いろはが一言。

「むねのなかがぴょんぴょんとんでたら、ほんとにぴょんぴょんしちゃった!」

イッツ・ニュー・ワード?

新しい単語をこえて、その組み合わせ、センテンスで感動させられる。

■ ここでもイッツ・ニュー・ワード?

一方我が家ではディテと太一も、熱がありながら楽しんでいたようである。

太一「……ぱく」

ディテ「だめ!ゴミなんか食べちゃ!ネコの砂じゃないの!!ネコの砂食べちゃダメ!!」

のちにディテは語る、こんなこと今まで生きてきて言ったことない、と。

イッツ・ニュー・ワード?

新しい単語をこえて、その組み合わせ、センテンスで驚かされる。

リピート・アフタ・ミー

「胸の中がぴょんぴょんしてたら、ほんとにぴょんぴょんしちゃった」

リピート・アフタ・ミー

「ネコの砂、食べちゃダメ!」

ほな、シーユー!

thumbnail.jpg

クレヨン?しんちゃん?

温泉に入る前の会話。

いろは(娘・5歳)「おとうさん、、トイレ」

アフロ「うんち?」

いろは「おしっこ」

アフロ「いろはは、水飲んだらすぐおしっこになっていいねぇ」

いろは「いやぁ~、それほどでもぉ♪」

ほめたつもりではないのだが…そして、そんな返し、いつのまにできるようになったんや?

ほなまた!

thumbnail.jpg

お土産はカメの人形

マリンピア日本海という新潟市の水族館に行ってきた。

旅行だから、ということで一人一つずつ自分にもお土産を買っていいことにする。

長女のアフロいろは(娘:5歳)が選んだのがこれ。

カメである。なぜこのカメを選んだのか?という問いに、

いろは「このカメすごいんだよ!ほら!」

甲羅が外れるのだ。外した甲羅は、

いろは「ほら、こんなふうにあそべるよ♪」

素敵に世紀末。

北斗の拳「マミヤ」ごっこもできちゃう感じだ。

北斗の拳 OFFICIAL WEB SITE|北斗アーカイブス:マミヤ

ま、ちなみに口の中は聖飢魔II的なね。

お後がよろしいようで。ほなまた!

ツイッターはこちら→アイデアホイホイ(@ideahoihoi)

slooProImg_20160301213633.jpg

誕生日の歌『22才の別れ』

22才の別れ

お風呂での会話である。

アフロ「今日ね、こんな歌聴きながら唄って帰ってきたよ」
いろは(娘・4歳)「なにぃ?」

おう~ことさへ、できなかったのは俺の方で♪
泣く~ことしか、できなかったのは君の方で♪
春も夏も秋も冬ぅも、君はそばにいたのにぃぃぃい♪
さよなら、いとしの、ベイビブルース…
さぁよならぁ、いとしの、ベイビィブル~~スっ!
さぁぁよならぁぁぁぁ、いとしぃのぉぉぉ!ベイビィブル~~~~~ッス♪

いろは「あはははは!べいびぶるーーーす!かなしい、うた、だね!」
アフロ「な、なんでわかったん?」
いろは「だって、さよなら、さよならって。おわかれでしょ?」

…なるほど。

アフロ「じゃぁこの歌は?」

私の♪誕生日に、22本の。ローソクを立て…

アフロ「はい、『わたし』は何歳でしょうか?」
いろは「えぇ?クイズなの?そのうた…う~ん、22さい?」

…やるじゃないか…

アフロ「ピンポンピンボ~ン!じゃぁ続きね」

一つ一つが、みんな君の、人生だねていってぇ♪
17本目からはぁ、一緒に火をつけたのがぁ♪昨日のぉ、ことのようにぃ♪

いろは「あはっ!『ことのようにぃぃぃ~』♪」

私には、かがみに映ったあなたの姿を見つけられずにぃ♪
私のぉ、目の前にあった幸せにすがりついてぇしまあったぁ♪

いろは「楽しい歌なんだね♪」
アフロ「えぇ?どうして??」
いろは「たんじょうびのうただもん」
アフロ「あぁ、なるほどぉ!」
いろは「ねぇねぇ、おとうさん?たんじょうびのうた、もう一回うたって♪」
アフロ「あいよっ」

この子にとって、いつまでも誕生日が楽しい日であるといいなと思いつつ、熱唱しましたとさ。

変わらずにいぃてください、そのままでぇ~♪

ほなまた!

thumbnail.jpg

丸見え筒抜けお見通し

出がけ、家族からの「いってらっしゃい」。

幸せなことだ。

さらにこの間の記事を読んでいただいてない方には奇妙な話かもしれないが、出がけ、自分の一笛「ピッ!」で太一(息子:2歳)が、

「すごい!」

と誉めてくれるのも、こっそりやみつきになっている。

そんな父の姿を知ってか見抜いてか、いろは(娘:4歳)は最近、

「いってらっしゃ~い…すごいっ!!」

一笛吹かずともほめてくれるようになってしまった。パブロフの犬?

うん、笛吹けて「すごい!」じゃなく、ただ「すごい!」と言われているようで、まんざらでもない。

この娘の見抜きはすごく、最近ではこんなことがあった。

「ねぇねぇおとうさん」

「どうした?」

「しんしついこうよ?ケイタイもっていっていいからさぁ

なんか、子どもにこれを言われると、何やら色々な感情(罪悪感、無力感、虚脱感、笑感、あきらめ感、ひらきなおり感、ふれあい真田館)が胸をよぎる。

携帯依存症、ゲーム依存症、これが娘の目にどう映っているのか。

見抜いているといえば、こんなことも言われた。

「おとうさんって、いっつもかくれて、おやつたべてるよね。いっつも!

「いや、そんなでもないよ」

いっつもそう!

父アフロは筒抜け丸見え、なんでもお見通しの娘にタジタジであった。

ほなまた!

ちなみにツイッターやってます。(@ideahoihoi)

thumbnail.jpg

ペンデュラム

ゲームでもこういう場面ってよくあるよね?

ペンデュラム?振り子トラップ的な。

スーパーマリオとか、影牢とか、バイオハザードとか、悪魔城ドラキュラとか、トモダチコレクションとかに出てきそうな、鎌がもうビュンビュン右往左往?!してる感じの、「通る?主人公なら通るよね?通ってくれないと、今まで何万回と振れてた意味ないもの」みたいな罠。

我が家にはあるのですよ。

リアルペンデュラム。

いろは(娘:4歳)「ビュン!」

アフロ「通るぞー」

いろは「ビューン!!」

当たるだな、これが。

ほなまた!

ちなみにツイッターやってます。(@ideahoihoi)

slooProImg_20160117172440.jpg

今日のご飯は何?

今日のご飯は何?

こんな感じのことをしながら、いろは(娘:4歳)が一言。

「えええ?今日のごはん、アボカドだけ?」

さすがに嫁が反論。

「お雑煮もあるよ!」

いや、お雑煮とアボカドだけじゃないからね?すごい他にもあるからね?

ほなまた!

slooProImg_20160112204002.jpg

ほっこりエピソードをば

「あっ」

上着のポケットに手を入れるたび思い出し、ほっこり。
ほっこりするたび、目の前にいた職場の人におすそ分けほっこりした話を、あなたにもをば。

「ちょっと聞いてくださいよ」
「何?」

さっきクシャミして、ハンカチで鼻を拭こうとしたんですよ。
そしたらポケット入ってたハンカチがこれ、

ほっこりエピソード

いろは(娘:4歳)の靴下です。しかも昨日脱いだやつ。

もうね、おかしくって。
何かにつけてハンカチ使おうとするたび、ほっこりしちゃってね。

「ところで何でポケットに入ってんの?」
「…さぁ?」

なんでですかね。
それは我が家の七不思議ですな。

ほなまた!

slooProImg_20151124184854.jpg

癒やされたわ、このひと言

いろは(娘:4歳)は、女の子。
スイーツに目がない。

こんな感じだ。

スイーツに目がない

これを出した瞬間の彼女のひと言は、今まで聞いた中で最高の…あれだった。
紹介しよう。

いろは「あああ、きょう いろは、このゆめ みることに きめた!」

ディテ(嫁さん)「まだ食べてないけどね」

いろは「ええ、だって、これ、おいしいにきまってるよ!!」

美味しいにきまってる

ごちそうさまでした。

ほなまた!

slooProImg_20151114141519.jpg

この部屋の行く末

何匹いる?

てんとう虫である。
何匹いるか数えたこともないし数える気もない。

が、いたるところにいる。

この間などは、起きたら掛け布団の縁、アフロの目の前を横断中であった。2匹。

苦にはしていないのだが、

ディテ(嫁さん)「今度一回みんなで家全部のてんとう虫数えてみよっか?(1匹残らず捕獲しろ)」

と、家族みんなに提案していた。
すかさず、

いろは(娘:4歳)「ひっこししたらさ、この家、次はてんとう虫さんの家になるね(数えるだけね。捕まえないよ?)」

ディテ「うふふふふ」
いろは「あはははは」

目に見えぬ攻防戦を繰り広げる女人たちであった。

ほなまた!