異次元のお医者さんごっこ

異次元のお医者さんごっこ

「たまには太一のあそびをやってよ!」

と怒るのは太一(息子・4歳)である。

「いいよ?」

とアフロ(私)が答えると。

「いいよ」

と、いろは(娘・6歳)も答える。

いろはとやっていた三目並べゲームの手を止め、太一の元にいくと、

「お医者さんごっこしよ♪」

ニコニコである。

太一はお医者さん(耳鼻科)、いろはは看護師さん、アフロは患者さんと配役が決まった。

太一「いらっしゃいませ」

のっけからおかしいが、そこは大人の対応、スマートに流していく。

太一「どうされましたか」

アフロ「いやぁ、ちょっと耳が痛くて」

太一「うーん。ちょっと胸の音をきいてみましょう」

む、むね?

アフロ「どうですか?」

太一「熱があるようです」

ね、ねつ?

いろは「点滴ですか?先生」

点滴??

太一「うん、つれていって」

いろは「はい」

マットレスの上につれていかれ、寝かされる。

いろは「痛いですよぉ~」

アフロ「はい」

太一「おとうさん?」

アフロ「なに?」

太一「泣いて。泣いて痛がって」

アフロ「え?…えぇぇぇ~ん。痛いよぉ~」

いろは「まだやってません」

えぇぇぇ…

太一「こわがって。こわがって泣いて」

アフロ「こ、こわいよぉ~~」

いろは「ちょっと、点滴ってほんっっっとうにこわいんだから、本気出して」

マジですか?「本気」と書いてマジですか。

アフロ「いやだぁぁぁぁ!やりたくないよぉぉぉぉ!」

いろは「はい、すぐ終わりますからねぇ~」

太一「はい、耳にも注射しますよぉ~」

アフロ「な、なんで?」

太一「耳、痛いんでしょ?」

アフロ「そう、そうなんだけど」

太一「痛くないですからねぇ~…痛がって?お父さん」

…ひどいヤブ医者だ。

アフロ「いたぁぁぁぁぁぁい!」

太一「はい終わった!すぐでしょ?大丈夫大丈夫!いいこだったよ」

アフロ「大人なんですけど」

いろは「はい、この針抜かないでくださいねぇ~」

て、点滴続いてる!?

いろは「はい、これ、ひっぱっていってください」

て、点滴小道具!?

いろは「こちらへどうぞ」

太一の前に連れて行かれる。

いろは「どうですか?先生…」

太一「うーん…これお医者さんに診せた方がいいですよ

ここどこやってん!

ディテ(嫁さん)「ぎゃははははは!」

家中をこだまする母の笑いに、娘と息子は笑顔になった。

ただ呆然とするのはアフロ(私)だけであったとさ。

ほなまた!