やさしいのやさしくないの?

NO IMAGE

アフロ家は、4人と1匹家族である。
アフロ(家長)、ディテ(嫁)さん、いろは(娘・5歳)、太一(息子・3歳)だ。

アフロ(家長)、アフロ(世帯主)、アフロ(主人)と言ってもいい。

この間、朝ご飯の後に太一がデザートを要求してきた。

ディテ「もう…バナナだったらあるけど。3本。」

シロキチはバナナを食べない。
もうすぐ4歳になる太一は、その数にもの申した。
4人に3本だからな。数の感覚がついてきた証拠である。
一対一対応ができているのかもしれない。

成長することは喜ばしい。

太一「ええええ、3本じゃ、お父さんかわいそうじゃん

ごーん…即お父さんデザート無し!?
息子の中で、

「足りない=お父さん我慢」

の図ができているらしい。イッツ・オートマティックで。

ねぇこれ、やさしいの?やさしくないの??

ほなまた!