やさしさが、刺さる

やさしさが、刺さる

部屋。

ディテ(嫁さん)が、朝食を食べていると、ふと気づいたように話しかけてきた。

「あ、ごめんねぇ」

「何が?」

「ワイシャツ」

「え?」

Yシャツ。

何のことなのか分からないが、その次の言葉に俺は…俺は。

「アイロンかけてあげられなかったね。ごめんね」

「う、うん」

アフロ。

世間体とか、妻としてとか、そんなのが色々あるかもしれないが、そのやさしい言葉に、アフロは…俺は、泣きそうになった。

だって、このワイシャツ、ちゃんと自分でアイロンかけたつもりだったんだもん。

部屋とYシャツとアフロ(私)と。

みんなちがってみんないい。

ほなまた!