thumbnail.jpg

ま、そうやんなってな反応

「私、働き出してから、こんなに子どもたちと一緒にいるの初めてかも」

お盆休み、ディテ(嫁さん)の一言に、なんだか複雑な思いをいだきながら、台所に立っていた。

ディテ「…ってか、どいてくださいよぉ〜」

アフロ「はい!」

少し避けて台所への道を開けた。

ディテ「いや、そこを使うんですよー」

アフロ「あ、ごめんごめん」

台所に立ってWi-Fiでしか使えなくなったiPhoneでゲームをしていたのだ。

お伝えしていなかったが、最近スマホを卒業した。ガラケー、最近ではフューチャーフォンとかいうらしいが、それにしたのだ。

月1500円、安い。

しかし、安さよりも感動したのは、それを選ぶ瞬間である。

店員さん「見本持ってきますね!」

アフロ「うわぁー」

昔、パカパカって呼んでたっけ?みたいな携帯の見本が並ぶ。

アフロ「これにします。」

初めて携帯を選んだときの記憶が蘇ったりしてね。ああ、これで俺も彼女ができたらメールできる…みたいな。

ディテ「だからどいてって!!」

ススッとどいて、時間制限のあるゲームを続ける。

やっているゲームは、ツムツム。

ディズニーの方が有名だがマーベルの方である。

アベンジャーズとかスパイダーマンとかが好きでね。

チームを組んで闘うのだが、図らずも組んだチーム、真ん中にいるブラックキャットが左のスパイダーマンの恋人やっていうことを最近知った。

スパイダーマンとブラックキャット!マーベルのベストカップル12 | Ciatr[シアター]

もう、もう1人の金色、マダムマスクの気まずさを考えるといたたまれなくなって…な〜んて考えていると、いろは(娘:5歳)が突然コソコソ声で話かけてきた。

いろは「ねえ、おとうさん。」

アフロ「ん?」

いろは「ちょっと、おかあさんにチューしてみな」

アフロ「えええええええ!?」

いろは「きっと、わらうよ」

言われるままにやってみた。

ディテ「………にこ」

ものすっごい冷ややかな笑いだったにもかかわらず、いろはは、

いろは「ね?♪」

アフロ「…うん…」

そっと、家事を始めるアフロであったとさ。

ほなまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>