いつものアレはどうした?

いつものアレはどうした?

職業柄、ジャージに笛は欠かせない。

出勤スタイルも、鞄持って靴履いて、玄関まできたら首に鍵ぶら下げ、

「お、これもやな」

とドルフィンの笛をぶら下げる。

そんなこんなやっているうちに、ドドダドダド、

「おとーさーん」

走りこんでくるのが太一(息子:2歳)だ。

「ふえ、して?」

「はいよ」

行く前にオレに笛を吹かせてくんろ、と言っているのだ。

プシュ

「はい、ありがとー。おとーさんもやって!」

ピッ!

すごい!

「行ってきまーす」

このすごいを言われるのがたまらない。

そして今日も玄関で待ってしまう。

「お父さん、行っちゃうぞー?」

ドドダドダド、

「おとーさーん、ふえ、して?」

「はいよ」

プシュ

「はい、ありがとー。」

ドドダドダド…

「あれ?お父さんやらなくていいのかなぁ?」

ドドダドダド

「おとーさんもやって?」

ピッ!

「はい、いってらっしゃーい」

ドドダドダド…

あれ?お父さんすごい、は?

ほなまた!

ちなみにツイッターやってます。(@ideahoihoi)