我が家のシルバニアファミリー

我が家のシルバニアファミリー

もうすでにディテ(嫁さん)のFacebookにて既出のネタなのだが、ディテのすごさに舌を巻くばかりなので、アフロキャッツでも紹介させていただくことにした。

この間、家族で「おもちゃ王国」に行ってきた。
プラレールやらダイアブロックやらのブースがあって、各ブースで楽しく遊ばせていただいた。
クーラーの効いた、なんともセレブな空間で、いいのやら悪いのやらよく判らないが、とにもかくにも快適である。

最後のブースはシルバニアファミリー館。

シルバニアファミリー館

ここでもたっぷり遊んで、さてそろそろ帰る時間。
そう告げると、

「うわぁ~ん、あしたもくるぅ!おもちゃおうこく、くるぅ!」

いろは(娘・4歳)が、ごねるごねる。

大人の事情で、今帰らなければいけないし、明日はこれない。
淡々と車に拉致して帰路についた。

次の日。いろは(娘・4歳)は、リベンジした。
「おもちゃ王国にいきたい」「おもいっきりシルバニアファミリーで遊びたい!」という気持ちに、自分で決着をつけたのだ。
シルバニアファミリーを自作する、ということで。

そして、彼女が自作したシルバニアファミリーが、これだぁ。

自作シルバニアファミリー

「プールもつくったんだよ♪」

セミバニアファミリー

平面ではあったが見事に描かれたプール。
そこには立体で作られた滑り台が備え付けられている。

「しゅー♪」

すんごい楽しそうである。
いろはが作ったこの施設をディテはこう呼んだ。

セミバニアファミリーと。

ほなまた!