そんなことで喜ぶとでも思ったか?

そんなことで喜ぶとでも思ったか?

アフロの寝起きは非常に悪い。

気分も最悪に近い。

起こすのがイヤなディテ(嫁さん)は、最近姑息な手を使うようになった。

息子や娘に依頼するのだ。

お母ちゃんが大好きな息子、娘はホイホイ父親を起こしにいく。

今回は息子である。

太一(息子:2歳)「おとおちゃーん、あさだよー!おきてー。」

アフロ「……ん」

太一「みてー!おいしそ」

何が美味しそうなのかと目を開けてみる。

スーパーボールやないか。食べられないぞ。…と、まんまと目を開かされている。

太一「みてみてー!ほら!おひしそ!」

おひしそって、おへそのことやったんかーい!

太一「おひそ!みて!」

そんなことで寝起きの父が喜ぶとでも思ったか!?

と、まんまと喜ばされて起きてしまったとさ。

ほなまた!