本のやつ

本のやつ

るろうに剣心伝説の最期編

花の金曜日だし、

「映画でも観ようか」

ということで、ディテ(嫁さん)と盛り上がるも、借りた『るろうに剣心』はすでに見終わっていて、プレステ3で何かダウロードしようにもネットがつながっていない。

しょうがないから志々雄真実が、剣心、斎藤一、左之助、蒼紫といったヒーローたちをボッコボコにするシーンをもう一回観ようか、とテレビに流していた。

アフロ「藤原竜也、つえぇなぁ」
ディテ「そういえば、あれ、やってるわよ」
アフロ「…あれ?…」
ディテ「ほら、あの本のやつよ」

もう!わからないの!?みたいな勢いで言うから必死で、あの本のやつとやらを考えていた。

…世界にひとつのプレイブック?…図書館戦争?…世界一美しい本を作る男?…ネバーエンディングストーリー?…

ディテ「あぁ!思い出した!」
アフロ「何?」

ディテ「ハリーポッター!」

…本のやつってヒントじゃ、無理やろ、それ。

ほなまた!