slooProImg_20150509053539.jpg

父の失敗。子の学び。

「あぁぁぁぁあ!」

と叫んだのはディテ(嫁さん)である。

「ど、どうしたん?」

家族全員の注目を集め、その理由を発表。

「イースト菌…入れ忘れた」

イースト菌入れ忘れ

なるほど、パン焼き機の中から、パンあらざるものがおいでである。
発酵したかったろうに…悲痛な元パンの素の叫びが聞こえる。

パンの素「あれ?今日は膨らめないぞ?もしかして、またイースト菌さんがいない?またかよ!また入れ忘れたのかよ!ちょっと!これじゃ焼かれ損だ!せめてなんかの形になりてーよ!カチコチなり損だぁ!」

できたてホカホカのレーズンパンのはずが、これでは
ほりたてホヤホヤのBIGじゃがいもじゃないか。

パン自身もショックだろうが、
明日の朝食のために分量を一つ一つ計り、明日の家族の笑顔のためにサービスでレーズンを入れ、できあがったものが置物にもならないカチコチの代物じゃ、ディテのショックたるや想像に難くない。かたいけど、かたくない。

そんな中、デリカシーのない男がこいつだ。

太一(息子:1歳)「あーちゃん!おをしろーい!」
(訳:お母ちゃん 面白い。)
(超訳:お母ちゃん アホすぎ。)

そして爆笑つき

失敗を喜ぶ息子

父として、ここは叱る。

アフロ「太一、人の失敗を…」
ディテ「ああ…太一に癒されるわぁ。ありがとう」

?!(失敗は笑いにした方が…ってのが正解?)

アフロ「なぁ?お母ちゃんアホやなぁ?」
ディテ「………」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ある人にとっては正解でも、ある人にとっては不正解ということが、世の中にはあるのだぞ

ということを、背中で息子に語ってやりました。

太一「とーちゃん!おをしろーい!」
(超訳:父さん その学び、しかと受け止めたよ)

ほなまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>