シロキチの呼び方

シロキチの呼び方

シロキチの呼び方

アフロキャッツメンバー、唯一のネイティヴキャット「シロキチ」。

アフロ一家の面々は、それぞれ彼のことをこう呼ぶ。

アフロ「シロキチ」

ま、名付け親なのだから当然である。

ディテ(嫁さん)「シロキチ!」

まま、これも当然ね。
ディテが彼を呼ぶときは大抵仕事を台無しにされたときなので、語尾にビックリマークがついている。

太一(息子:1歳)「きちぃー」

もうすぐ2歳だが、なかなか長い単語が発音できず、2文字ぐらいがちょうどいいようだ。
「シロー」じゃなく、「きちぃー」と呼ぶのは太一の生まれ持ったセンス。

いろは(娘:3歳)「ひろきー」

全くもって理解不能。
舌が長く、「シロキー」と言おうとして、「ひろきー」になっているのかもしれないが、「シロキー」にする意味もわからない。

太一「きちぃー!いすぅ!」
アフロ「シロキチ、椅子乗ってるね」
太一「きちぃー!きぃちぃーー」
いろは「まあまあ、ひろきーのばしょだし、ゆるしてあげなよ」

わけわかんない。
ほなまた!