slooProImg_20150324080724.jpg

引越し裏技「本の大量荷造り」編

荷造りで大量の本を段ボールにつめる方法を紹介しよう。

なんのことはない、「卍」?である。

1段目、四方から数冊つめる。

本の荷造り

後は、どの方向からでもいいので、つめていく。
一段目は大きさが揃っているとつめやすく、そしてつめた後気持ちがいい。

本の荷造り

2段目も同じようにつめる。
横方向から始めた方角の上は縦方向に始めるようにすると、バランスが良くなった気分。

本の荷造り

2段目もつめきる。

本の荷造り

真ん中は空くので、花をさせば「一輪ざし」、バットをさせば「バット置き場」、iPhoneの箱を入れれば「AppleのCM」っぽく演出できる。

ただ、うまくつめたはいいが、相当腰が強くないと、

「つめたものを5箱も運べない」

なんて有様になる。
気をつけていただきたい。

ほなまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>