アフロダウン

アフロダウン

いろは、風呂上がり

この間、家族水入らず、一緒にでかけようとしていたときだ。
ディテ(嫁)さん、いろは(娘・3歳)、太一(息子・1歳)が先に玄関で靴をはいていて、アフロは少し準備に出遅れていた。

するとこんな会話が聞こえてきたのだ。

いろは「おかあさん、なにか、わすれものなぁい?」
ディテ「ん?ないよ?」

いろは「おとうさん!!わすれてるじゃん♪

が~~ん…忘れ物にくくられてる…

ディテ「ふはははは!忘れてないってば!」

いろはからの扱いが寂しいものになってきたのは、これだけではない。

ばあばんちのお風呂に入りに来たときのことだ。

いろは「きゃっきゃっ!たのしぃ~♪」
アフロ「広くていいねぇ!」

おもいっきり、さんざん、のぼせるほど遊んで、

アフロ「そろそろあがる?」
いろは「うん♪おかあさ~ん!あがるよぉ~」

ディテ「は~い!どうだった?楽しかった??」

いろは「うん!でもやっぱり、おかあさんとはいりたかったな」

がが~~~ん…なんですと?

まま、そこから着替えて、晩ご飯をいただき、

アフロ「さて、寝ながら帰るか」

眠くなった太一、いろはを車に乗せて、寝かしつけながら帰ろうとしたときだ。

「まず荷物を乗せて」とやっていると、トランクがパンパンになり、助手席の下に乗せねばならぬほどの荷物量で、助手席に乗るいろはにとって、なんだかリクライニングシートみたいな形になってしまったのだ。

荷物の上に直に足を乗せるのは、ただでさへ窮屈が嫌いないろはだ、眠さも手伝って激怒するだろう。
せめてフラットにと、荷物の上にアフロのダウン(えんじ色)をかぶせておいた。

そして、いざ助手席に彼女を抱いて座らせると、

いろは「ふぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

大激怒。あぁ案の定、逆鱗に触れてしまったんだね、君の。

運転席に乗ると、

いろは「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

という断末魔の叫び級の咆哮とともに、アフロのダウンを蹴り飛ばしてきた。
運転席でナイスキャッチ!したところ、…ピタ…。

いろは「………」

アフロ「え?…まさか、お父さんのダウンの上に足を乗せるのがイヤやったん?」

いろはは何も言わず、…こく…、と首肯した。

ががが~~~~~~ん。逆鱗…そこ??

ディテ「ま、眠いと仕方ないよね…ぷぷ」

フォローのつもりかい?それともトドメかい?
アフロ…完全にダウンである。

ほなまた!