slooProImg_20150201141727.jpg

ホットミルクになくてはならないもの

いーちゃんが好きなのは

「あれ?」

と朝食のときに叫んだのは、いろは(娘:3歳)である。

見つめる視線の先にあるのは一つのカップ。中にはホットミルクが入っていた。

「どうしたの?」

アフロと同じ疑問を持ったようで、それを口に出して尋ねたのはディテ(嫁)さんだ。

いろは「ないの?きょうは」
ディテ「何が?」
いろは「まく」
ディテ「ん?まく?」
いろは「いーちゃん、ほっとみるくの『まく』がすきなのになぁ…」

どうやら彼女にとってホットミルクになくてはならないのは、あのタンパク質の塊、『ミルク湯葉』だったようだ。

あまりにかわいく、夫婦で笑わせてもらったので、アフロのカップで『ミルク湯葉』を作って差し上げた次第である。

ほなまた!

ホットミルクになくてはならないもの」への2件のフィードバック

  1. ああ、おれはホットミルクのその膜がダメだったんだよなあ、それでホットミルク嫌いになったんだ(笑)

さんげん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>