するしない?

NO IMAGE

友だちの祝いに神奈川方面に行っていた。
災いがたたみかけてくるのとバランスをとるように、祝い事もたたみかけてくるようだ。
今回の祝い事は一つどころではない。
嬉しいことこの上ない。
こっちのたたみかけなら願ったり叶ったりである。
今回のお祝いの一つで(ついでみたいな響きが申し訳ないが…)友だちの赤ちゃんに会いに行った。
立派な鬼眉の赤ん坊は始めは仰向けに、死んだカエルみたいな足をして(失礼)眠っていたが、パチッと目が開いたと思ったら、怪訝そうな視線をこちらに運んできた。
「ってか誰?」
みたいな表情である。
それに答えるでもなく、二人のおっさんと父親は、
「わぁ、こっちむいてるぞ!」
「わかるんかなぁ?俺が本当の父親って」
「おい!」
みたいな会話を交わしたとか交わさなかったとか。
求める答えを得られないことがわかったのか、ゴロッとと寝返りを打って、スフィンクスのポーズである。
それはもう、見事な首の座りようだ。
「お前、できへんやろ」
と言われているようで、アフロは対抗しようと思ったとか思わなかったとか。
7ヶ月にもなると、こんなことができるようになってしまうのか…
おいろはんとその子をダブらせながら、
「眉も鬼のように成長するのか」
と不安になったとか、ならなかったとか。
そういえば祝いがたたみかけてくる前に、災いがたたみかけてきていない…
こわくなってきたとか、なってきたとか。