おいろはん誕生

NO IMAGE

6月27日AM3時30分
「たぶんきたと思う。どうする?確実かどうか確かめてからにする?」
「いや、今から向かいます」
夏至を過ぎたばかりとはいえ、さすがに日の出はまだ。外は暗い。
いよいよ陣痛が始まったらしい。
このお義母さんの電話の前にディテ(嫁)からの着信が3件入っていた。背筋が凍る。
「なんで出ないのよ!こんなときに!!」
なんて怒っているディテの顔が目に浮かぶ。
色々な意味で血相を変え、車に飛び乗った。

■ 力が抜けるヒコウ

「よかった間に合ったね♪」
病室には一人しか入れないらしく、お義母さんと交代。
「あ、きたきた。」
分娩室に横たわっているディテ。なんだか余裕の表情だ。
「今日は出産ラッシュみたいで、私以外に二人いるの」
どおりで隣ではとんでもない叫び声が上がっている。
「もうそろそろかな。連絡して。」
看護師さんがドクターだかなんだか言っている。
「う…」
何かの数値が30を越えてくると痛いらしい。ディテが痛みに耐える表情をした。
「パパさん、背中さすってあげて」
「は、はいっ!」
看護師さんに言われるまま、ディテの背中をさする。
「グーで腰の下を押してほしい。コウモンあたりを押して」
こ、校門?校門じゃないか。肛門やんね。
「力が抜けていいらしいの。」
なるほど。力を抜くためのケイラクヒコウなんだね。
未だかつて頼まれたことのない要求に、出産の非凡さをひしひしと感じる。
「隣の部屋の、やわらかいベッドの上で生むか♪?どっちがいい?」と看護師さん。
やわらかベッドを選んだディテが、隣へ移動する。

■ 「やばい、こっちの方が早い!」

相変わらず隣から響いてくる絶叫を聞くたび、ディテの方は冷静さを取り戻しているようだ。怖さを真顔で隠している…ようにも見える。
「お友だちもがんばってるよぉ。わたしたちもがんばろうね。」
自分の中にいる赤ちゃんに話しかけたりしている。
呼吸が浅く、荒くなってきた。それが絶叫に変わるのにそんなに時間はかからなかった。
「赤ちゃんもがんばってるんだよ!叫んじゃだめ、力抜いて、はぁはぁしなっ!力入れたら、赤ちゃん出てきたいのにふさいじゃうよ!」
主任看護師さんの怒号がとぶ。天空の城ラピュタのドーラが看護師だったら、こんな感じだろう。
「40秒で子を生みな!」みたいなね。
なんてったって、痛そうである。
「あ、ディテちゃんの方が早い!向こう抜かしちゃってる。先生呼んでくるわ!」
看護師さんがいこうとするのを、ディテが呼び止め、
「も、もういいですか!!!?」
え?それは赤ちゃんを出していいってこと??
女医さんが入ってくる。
「はい、さわりますよぉ。あぁ、そこまで赤ちゃん来てますねぇ。大丈夫ですよぉ。」
ディテが叫ぶ。
「はぁ、はぁ、するよ!」
部屋中のみんなが同じリズムで「はぁぁぁ、はぁぁぁ」をする。あたたかく、あつく、やさしい一体感…
「上手上手、いいですよぉ」
…あ、頭が出てきている。私からは見えるが、ディテからは見えるのだろうか。
「お母さんわかりますか?赤ちゃんの頭がもう出てきてますよ。」
「ディテ、見えてるで。もうちょっとや!」
女医さんはディテの手をとり、赤ちゃんの頭に触れさせた。私はひたすらディテの側面をさする。
同日AM5時01分
ディテ最後の絶叫の後、、、我が子、初めての声がこだまする。産声というのか、これを。
繋がったまま、自分の胸にやってきた我が子を抱きしめ、目を濡らしながらディテがこういった。
「はじめまして、やっと逢えたね」