目には目を、シールには…

目には目を、シールには…
20110522185534.jpg

古本はいい。良すぎて罪の意識すら芽生える。
「こんないい本をこんな値段で買っていいの?」と。
「値段以上に、いや定価の何十倍の価値を俺が見いだすからね」と心に誓い購入する。

◆ ブックオフへの不満

ブックオフ…そんな素敵な古本を提供してくれる大手だが、唯一の不満がある。
値段のシールだ。
一昔前よりもよくなった気がするも、まだ剥ぎにくい。
跡が残ることがある。
本を保管するときは、新品同様の扱いをしてあげたいのが、コレクター精神だ。
なんとしてもキレイに剥ぎたいではないか。

◆ シールの剥ぎ方教えて

画期的な方法を知らない。
私にできるのは、ゆっくり剥ぐこと。
そして少し残った糊の残骸を、剥いだシールでペチペチやることぐらいだ。
毒をもって毒を制す、
シールをもってシールを制すだ。
ヘルプミー、ブックオフ店員さん。
もしくはシール剥がしプロ。
シールのキレイな剥がし方、求む。