炊飯器でヨーグルトを作ろう2011花粉症

花粉症デビューしたので、ヨーグルトデビューもします。
で、今回はヨーグルトを炊飯器で作る方法。
うちでは以下の方法でできました♪すんごい簡単。
写真が多いので、重かったらごめんなさい。

■ 炊飯器でヨーグルトを作る「準備」

炊飯器でヨーグルト1

炊飯器、タッパー、増やしたいヨーグルト、牛乳(とか豆乳、生クリーム)を準備してください。
アフロ家の炊飯器は2001年製の5合炊きのものです。
偏見ですが、これより新しいものだったらできるんじゃないでしょうか。
タッパーは炊飯器の釜に収まる物、蓋付き。電子レンジ対応のものにしてください。
個人的に一回作る量として500ccは欲しいな、と思ったので写真のものにしました。
丸くてギリギリまで大きいのを買おうと思ったのですが、いざ釜に入れるというときに指が入らず入れにくいです。
余談ですが、タッパーを買いに行くとき炊飯器の釜を持っていきました。
子どもから大人、おばあちゃんまで、いろいろな人の視線がささるささる。
ニュータイプのニューおカマーかと思われたのかしら。光栄だわ。
増やしたいヨーグルトは脂肪があるものがよいかと思われます。
無脂肪だと固まらないんじゃないかな。
花粉症にはKW乳酸菌が効くようですので、いつかそれに挑戦したいアフロです。
写真は素敵に腸を快調にしてくれそうな明治のヨーグルト。

■ 炊飯器でヨーグルト、作り方1「消毒」

炊飯器でヨーグルト2

買ってきたタッパーを洗い、少し水を入れます。5mmぐらいかな。
煮沸消毒をするためです。
電子レンジに入れてチン♪

炊飯器でヨーグルト3

タッパーと相談しながら時間を決めてください。
1分もやれば十分なんじゃないでしょうか。湯気出てたもん。

■ 炊飯器でヨーグルト、作り方2「ヨーグルトと牛乳混ぜる」

炊飯器でヨーグルト4

電子レンジから出し、タッパー内のお湯を捨てます。
そのままいきなりヨーグルトを入れると熱で菌がやられそうなので、はじめにタッパー冷やしがてら少し牛乳を入れます。
ヨーグルトをその上にドサッと全部入れ、その上からスプーンで混ぜながらゆっくり牛乳を入れていきます。
ヨーグルトと牛乳の比率は「1:4」。
写真では、110gのヨーグルトに400ccの牛乳を混ぜています。
本来もっと牛乳が多くても作れるそうです。「1:9」ぐらいまで。
カップヨーグルトを使い切りたかったのと、タッパーの容量の関係で「1:4」でやりました。
これでヨーグルトの元のできあがり。

■ 炊飯器でヨーグルト、作り方3「炊飯器にセット」

炊飯器でヨーグルト5

炊飯器の釜に「白米1合」のラインより少し上のところまで水を入れます。
空焚きになったら危ないもんね。
そこに先ほど作ったヨーグルトの元を炊飯器にセットします。
タッパーには蓋をしておいてくださいね。
このときタッパーが四角いと入れやすうございます。
炊飯器を閉め、
保温のボタン」をスイッチオン♪
炊飯モードではなく、「保温モード」ですのでお気をつけください。
7時間ぐらい保温して、固まっていたらできあがり♪

炊飯器でヨーグルト6

なんか水の中を泳ぐ豆腐みたいでしょ?
ヨーグルト:牛乳が「1:4」ですので、もう少し早くできるんじゃないかなとにらんでおります。
作ったヨーグルトを種にもう一度「1:4」で作り実験中。楽しみです。
できたヨーグルトは粗熱を取り、冷蔵庫で冷やして召し上がれ♪

■ 炊飯器でヨーグルト、作り方「まとめ」

    炊飯器でヨーグルトを作る手順

  1. タッパーに水を入れ、電子レンジで熱消毒。
  2. 熱を取りがてら少しの牛乳を入れ、種ヨーグルトを入れる。
  3. 混ぜながら、牛乳を加えていく。ヨーグルトの元完成。
  4. 炊飯器の釜に白米1合炊きラインより少しだけ多めに水を入れる。
  5. タッパーの蓋をしたヨーグルトの元をそこに入れ、炊飯器を保温モードして7時間待つ。
  6. 固まっていたらできあがり♪

やってみるとすごく簡単なのでお試しください。

炊飯器でヨーグルトを作ろう2011花粉症」への3件のフィードバック

  1. 参考になりました!!使っていない炊飯器があるのでそれで作ろうと思います!!ありがとう♪

  2. どういたしまして!
    小学生の心を思い出し、実験チックに、期待せずワクワクして、でも期待せずやってみてください♪

ぴー にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>