ネコでもできる

ネコでもできる
20101206203138.jpg

「今日はカレーを作りますんで」
そう豪語して定時も早々に退社した。
電車に一本乗り遅れたので家につくのは7時。
まぁそこから買い物に行って作ればいいだろう、そう思っていた。

■ ネコでもできる

「洗濯しといたから」
と言われたことがあった。ディテ(嫁)に、とは言わないが、そう、ある女性に言われたのだ。
「ありがとう」と言ってスーツを脱ぎに行くと「?」干された形跡が無いのである。
「洗濯物は?」
「洗濯機の中だよ」
洗濯物を洗濯機に入れたのは私である。
これから洗濯物を干すのも私であろう。
その女性はそう、ピッ、つまりボタンを押してくれたのだ。洗剤を入れてくれたかもしれない。
これは洗濯したというのだろうか??洗剤のくだりを抜けばネコでもできるのではないか?
「買い物しといたよ♪」
甲斐甲斐しく私を駅まで迎えに来てくれたディテ。今日はカレーだということを知っている。この子は本当に好きなのだ。カレーが。
「先に家に帰っちゃってたから、ニンジンとタマネギも切っちゃった♪」
「お、ありがとう」
うちに帰って戦闘服から部屋着に着替える。
トイレに入り、気張っていると聞こえてくる音。
シャー、シャー、シャー、シャー。トンっ、トンっ、トンっ、トンっ、トンっ、。
出て手を洗うと、
「エリンギにジャガイモも切っておいたよぉ〜♪」
「あぁ、ありがとう」
炊事場に立つ。
切られた野菜は圧力鍋にすべて入っている。私は計量カップで水を計り入れ、カレーのルー、肉を入れ、圧力鍋のふたを閉め、ガスコンロに火をつけた。
3分、圧をかけ、火を止め放置する。
写真は友だちのユッキーナにもらった皿と、私が作ったカレーである。
「アフロのカレーって美味しいよねぇ」
「お、おお」
私が作ったカレーである。ネコでも作れるよ♪