あしゃおジュニア

あしゃおジュニア

ディテ(嫁)とのメールの最後に、こんな一文が入っていた。

【メール】ジュリーに赤ちゃんできたって〜

それを最初のメールにもってこいよ、と小一時間説教したいところだが、小一日間説教されハメになるのでやめておいた。
ジュリーに赤ちゃんができたということは、私の予想が正しければ、その旦那、あしゃおの赤ちゃんのはずである。
私はあしゃおの方にメールを打つことにした。
まぁ万が一ということもあるが、おそらくジュリーのことだ、万が一であったとしても「あなたの子よ」とあしゃおに伝えているはずである。アフロ家としては問題は無い。
ジュリーのことだ、もしかすると旦那よりも先にディテに伝えた可能性もあるが、その場合は、
あしゃお「え?なんのこと?」
アフロ「いや、アフロジュニアのこと祝ってもらおうと思って?」
と返せるような文面、つまり次のようにメールを送ればよい。

【メール】おめでた♪

問題はない。
また想定した通り「あしゃおが知らなかった場合」は、あらためてジュリーに2点について詰問することにしよう。
「旦那にはいつ伝えるん?」
「本当に旦那の子?」

■ あしゃおジュニアズおめでとう

メールはこのように返ってきた。

【メール】サンクス☆アフロジュニアに続いてみました。

あしゃおは知っていた。
私の心配、文面への配慮、ジュリーへの詰問準備、などは取り越し苦労だったようだ。
であるなら、後心配することは一つである。

【メール】お互い体に気を付けよう!間違ってもツワリにならんように。

するとこう返ってきた。

【メール】ツワリにはなってないけど、3ヶ月くらいのお腹にはなってる。

驚くべきことに彼も妊娠していた。
二腹性双生児…
ディテのお腹、ジュリーのお腹、あしゃおルド・シュワルツネッガのお腹に目が離せない。

ジュニア