孤軍フン闘

孤軍フン闘
F1000140.jpg

『世界でひとつだけの幸せ』という本を読んでいる。
我が家にはいわゆる「幸せ系」の本が多い。私の研究テーマがそれだから仕方がないのだがディテ(嫁)は、
「どんだけ幸せになりたいんよ」
私とじゃ幸せじゃないの!?と言わんばかりの勢いでツッコんでくる。また友だちにしても、
「これを読んで…幸せに…なれましたか?」
と渡辺陽一バリに語りたずねかけてくる。

■ 今朝の幸せ

そんな本にこんな一文があった。

【引用】快便を至福の解放と感じる人もいる。
【出典】アスペクト『世界でひとつだけの幸せ』P154 著:マーティン・セリグマン 訳:小林裕子

まさに私のことである。
毎朝、朝一番の解放を享受しようと日々フン闘しているが、今朝は勝手が違った。
さてトイレにいこうか…というときになって時間がないのだ。
風呂を昨日の夜から今朝にまわしてしまったのがいけない。
アフロ「いけるかな?」
ディテ「いや、それはわからないけど」
私にとって大切なことなのに、ディテはどうでもよさげ過ぎる。
出る時間まで1分を切った。
アフロ「よし、いく!」
バタン
アフロ「はぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」
ドラゴンボールで悟空が一気に「気」を高めるイメージを持っていただければ外れていないだろう。
アフロ「ふんっ!」
ここで一気に解放だ。これは掛け声であって、「フン(うんこ)!」ではない。
ジャーーーーーー
電車は間に合ったが、多少、残っている感じがいなめない。海老蔵さんの父ではないが「まだまだ修行が足りん」と自分を叱咤した。
余談ではあるが、このブログを音読してくださっている方がいるらしい。
ディテ母、つまり私の義母である。
この記事も音読されるのだろうか…今後の私の評価に目が離せない。