チャイ風に

NO IMAGE

チャイはインドのミルクティーだったと思うが、入れ方が独特である。
片方の手でとんでもない高さにポットを掲げ、もう片方のカップにそこからチャイを注ぐ。
人の手によるものなので、「とんでもない」といえど100mはいかないぐらいの落差だ。
コーヒーでやってみた。
片手に沸騰したてティファールのポット。
片手にゴールドブレンドを入れたマグカップ。
ジョーーー
うまい具合に入るが小便小僧のそれを思わせる。
「あっちぃ!!!!…」
なんか色々で飲む気が失せてしまう。
しょうがないから仕事でPCに向かうディテ(嫁)に、そっと小便小僧の黒いそれをわたした。
「わぁ!ありがとう♪」
はは…嬉しそうにしてからに…