空腹ならブタの飯でも?

NO IMAGE

ディテ(嫁)に自分のいいところを語っていた。
「俺って好き嫌いないよね」
「うん。それはさすがやと思うよ」
「何でも美味しく食べられるってのも能力よね」
「……」
「グルメってのも幸せやけど。何でも美味しく食べられるのも」
バシッッッッ!
…しばらくなんで叩かれたのかわからなかった。
「しっつれいしちゃう!!
えぇ!えぇ!どうせ私の料理は美味しくないですよっ!
何でも食べられるあなただから食べられるんですよぉぉぉっだ!」
…なんか、ごめん。