東京西川スリープライン

スリープラインいらず?

by:RicardoATB
昨日夢の中で考えていたこと。
「岩になってしまうのはいいけど、初めから岩を目指してはいけない。確かに岩のように不動の心を持つのは魅力的に思える。それでも岩を目指してはいけないのだ」
なんのことかだか判らない。前世は岩かもしれない…あけましておめでとうございます。アフロです。

■ 枕の行をぶっつぶせ

以前「枕の行」というものを書いた。
しんどいところを寝るのだ。しかしその前に乗り越えなければならない壁がある。それが枕の行だ。
「壁があったら壊したい」
男気あふれる方ならまだしも、そんな男気はない。
毎晩嫁と枕合戦など…こりごりである。(枕合戦…なんか、なんかな響き)
その解決策として見いだしたのが「枕を買う」である。
そもそも一方の枕に優位性があるのが悪いのである。
その差さへなくせば…

■ 救世主「東京西川スリープライン」

そして買ってきたのが「東京西川スリープライン」。
人目をはばからずにお試しして見つけてきたのだ。
青色、私にベストマッチ。嫁にミスマッチ。である。
「ふわぁぁ。寝心地いいいぃぃ」
「……」
「寝返りうっても、まだ枕あるで♪最高やん」
「ちょっと貸してみ?」
「はっ?あるやん。ピンクの寝やすい枕」
「いや、ちょっと試したいでしょ?私だって」
「いや、試したところでこの枕俺のやから、寝ることないやん」
「いやいやいや、なんでもいいから貸してみって」
「……」
そして一ヶ月。気を抜くとスリープラインの上にディテ(嫁)の頭が乗っている日々である。
枕の行、再び。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>