死にたい

NO IMAGE

一昨日のことである。
母親からこんなメールが入ってきた。
「死にたい。どうしたらええんやろ…」
早朝四時半のことである。
メールの前には5件の不在着信も入っていた。
メールの続きを読む。
「アフロ、銀ちゃん(飼い猫)がいなくなってしもた」
そ、それで、死にたいんや?…
さらに続きを読む。
「うちに泥棒が入ってね、さっきまで警察の人と話てたんやぁ」
なんですと!?
「その間に逃げてしまったんやと思うんよ。
カゴに入れておけばよかった…アフロ、どないしょ?
死んだりせんよね?もう戻ってこんのかなぁ?
もうあかん。死にたい」
銀ちゃんのことより、死にたい発言より、泥棒のことが気になって仕方がない。
母に電話をしてみる。
プルルルルル…
プルルルルル…
ガチャ
アフロ「泥棒が入ったんやって?」
アフロ母「あぁ、そんなことより銀ちゃんよ」
アフロ「何とられたん?」
アフロ母「生活費とバック全部、婚約指輪もとられたかな…ってあんた、どうでもええねん!
銀ちゃんがおらんようになったんやって言うてるやん」
アフロ「泥棒、いつどうやって入ってきたん?被害総額は?」
アフロ母「あんた…人の話聞いてんのかっ!?」
話が進まず、あきらめ、銀ちゃんのことを慰め、アドバイスしてみた。
アフロ母「…うん…そうしてみる」
アフロ「んで、被害総額は?」
アフロ母「んじゃ」
ガチャっ
ツーッ、ツーッ、ツー
泥棒が入ることって、そんなに珍しいことではないのでしょうか?