エイプリルフールですが本当です

エイプリルフールですが本当です
F1000251.jpg

遺産に!
「…って残すもんまだないわ!!」
本当は
「善光寺さんを世界遺産に!」
なんですが、ポケットでうまい具合に折れてたんですね。
神はアフロに何を伝えたいのか…
こんなものがポケットから出てきたら普通にビビりますが、
とある状況で出てきた私は、もっとビビりました。
4月1日のことです。
ちまたでは
「ハッピーエイプリルフール♪」
と若者たちがウソを撒き散らすこの日、
会社の三役殿と話をしていました。
「そういう選択もある。今の会社の状況じゃ仕方ない」
すると4月いっぱいで会社を去ることになりました。
言われるより、言ってしまった感じ。
愛されるよりも、愛したい、
殴られるよりも、殴りたいとも言えます。
会社の状況は確かにかんばしくありません。
内定が取り消されるなど、滅多なことでは起こりませんよね。
途中経過はどうあれ、契約社員から無職になるわけで、
これってアフロ、なかなかのピンチではないでしょうか。
来年の2月末には結婚。
両家両親との顔合わせもすみ、二人で住む場所も決まっておりました。
来年までに三百万を貯めるはずが、年度始め初月…アフロ無職…
健康保険も払わなきゃじゃん。
4月1日の話。
エイプリルフールですが、本当です。
破談には、させない。
この話をいずれ逝くときに我が子、アフロジュニアへの遺産にしようではありませんか。