猫は心地よさの鑑定家だ

猫は心地よさの鑑定家だ

布団を干し、窓際のパソコンに向かい、
「さてやるか」
そのとたんに雨が降り出した。
ツイてる。
今日は洗濯をしなくていい日らしい。
急いで取り込み部屋に投げ入れる。
またパソコンに向かい、ふと、しばらくたってから布団の方を見てみると、

リラックス

うちの妹子とシロキチのお眼鏡にかなったらしい。

【ジェイムズ・ヘリオット】

猫は心地よさの鑑定家だ

いつもの部屋の環境が悪いわけではないと思うのだが、うちの二匹は鑑定が甘い。
少しくらい濡れていたっておかまいなしだ。

二段ベット

猫がヒザの上に乗ってくれると、なんともいえないあたたかさがこみ上げてくる。
ガンコでガミガミな先生にほめられたときの嬉しさというか、
気分屋の彼女が甘えてくれたときのときめきというか。
妹子とシロキチには感謝している。
ソファーに座ればシロキチはヒザの上に乗ってくれるし、妹子は
「なでて?」
とすり寄ってくる。
必要とされている感じ、疲れた心が満たされる。
妹子もシロキチも、私にだけ特別というわけではない。
久しぶりに訪ねてきた人も、初めて部屋に来た人にだって甘えていく。
鑑定が甘すぎるのだ。
そこに、ちょっぴり切なさを感じつつもイイ奴らだと思う。
「あなたは大切な人よ」
「あなたのそばは居心地がいいわ」
そう教えてくれる人は、誰かを幸せにする。
そして、誰かを幸せにできるなんて、その人自身が一番幸せな気がする。
甘い鑑定は仕事にならないし、いつもほめられていれば慣れてしまうのかもしれない。
でも、ちょっぴりでも毎日人を幸せにしながら自分も幸せになれるなら、鑑定の成果など大したことでもないのだろう。

おやすみ

おやすみなさい、あまい鑑定家さん。