ただ、あなたと歩きたかった

NO IMAGE

歩いていると突然声をかけられた。
「あの善光寺はあっちでしょうか?」
バイクのヘルメットを小脇に抱えたスポーティーな女性が、私の進行方向を指さしている。
スポーティーな女性は小学生の頃からタイプである。
だからというわけではないわけではないが、いつもより三倍増しの丁寧さで応対することにして、
私はこう答えた。
「そうですよ!」
「あ、よかった!」
ツイている。
これでしばらく話しながら歩けるぞ、と思った瞬間、
「ありがとうございました!」
彼女はペコっと頭を下げ、これまたスポーティーなフォームで走り去ってしまったのだ。
私は見惚れた。
ヘルメットをラグビーボールのように抱える細くしなやかな腕、
背負ったリュックを規則正しく揺らす小さくも力強い後ろ姿…
颯爽という言葉は、こういう姿を表すときに使うものかもしれない。
そのとき私は気づいた。
一緒に歩けなかったことなんてどうでもいい。
でも、あなたに伝えたいことがある。
いや、伝えなければいけないことがある。
私は走り出した。
あなたの姿は綺麗です。
私はあなたと並んで歩きたかった。
あなたはとても綺麗で素敵ですけど、
本当は善光寺、真逆なんです。
ただ少し、ほんの少し素敵なあなたと話しながら歩きたかった…
こんな私を、許してくれますか?